誰でも発症するリスクがあるうつ病【焦らずに治療に取り組む】

看護師

自分を知りましょう

女性

うつは心の弱い人がかかる病気と考えられてきましたがそれはきちんと否定されています。うつになったから人より弱いと悩む必要はありません。しっかりと診断を受け、適切な休息と治療を行っていけば完治することも難しい病気ではないと言えます。

対応が必要な精神の病

医者

クリニックを利用して精神的な問題を調べてもらう場合は、カウンセリングを受けて原因を特定する方法がよく行われます。うつ病の診断によって原因が特定できれば対応できるため、治療方法も決めやすく問題を短期間で解決できます。

実績と患者対応

医療

信頼関係が大事

うつ病は脳内の神経伝達物質の分泌量が減少することにより気分がすぐれないことや、やる気が起きないといった症状が起こります。脳内の神経伝達物質が減る原因には日常生活や仕事における人間関係などが挙げられます。つまり、うつ病においては身体に現れる症状だけを改善するのではなく、環境の改善も考える必要があると言えます。症状は人それぞれで異なります。ただ、普段とは異なる症状が数日間続くことがポイントとなります。医療機関を受診するときには、どのような症状がいつから続いているかということ、症状が起きる前後でどのような出来事があったかという情報をまとめておくことがポイントです。それらを基に診断します。診断された場合には普段の生活に戻るための治療が開始されます。治療においては脳内の環境を正常な状態に戻すための治療が行われます。原因が仕事の環境等が考えられる場合には環境の改善等の提案なども併せて行います。脳内の環境を整えるための治療では薬物を使用します。薬物を使用するときには用法と用量を守ることが大事です。また、服用を開始するとすぐに効果が出るものではなく、ゆっくりと時間をかけて改善に向かうことから、焦らずに治療に取り組むことが大事です。うつ病であるかどうかを診断する医療機関は心療内科です。診断を受けた医療機関で治療を行うこととなるので、信頼できる病院を見つけることが大事なこととなります。特にうつ病においては治療期間が長期間となることもあり、医師と患者の信頼関係が大事です。人気の病院においては医師が患者の話をよく聞くことが挙げられます。どういった出来事がきっかけでどういう症状がいつから現れた等、しっかりと医師が聞き、患者とコミュニケーションを取ります。コミュニケーションを取ることで信頼関係が生まれ、治療に対する不安を取り除くことができます。こまめに対応してくれる病院も人気です。うつ病の治療が開始されると薬物を使用した治療も行われますが、効き具合により、急に症状が変わることもあります。そのようなケースにすぐに相談することができると患者本人だけでなく、家族も安心することができます。診察のために数カ月先の予約を取らなければならない病院ではこまめな対応に不十分なこともあります。うつ病は医療研究の進歩により、メカニズムが解明されてきている部分もあります。そのため、治療実績がある医師を選択することもポイントです。つまり、実績と患者対応が優れている病院が人気と言えます。

専門医の治療が必要

カウンセリング

うつ病は、自分では気付きにくく、発症すると、体調不良や精神的に不安定になるなど、様々な症状が出る病気です。自分は大丈夫と過信せず、ネットのチェックシートで診断したり専門医を訪れたりして、正しい診断を受けることをおすすめします。

こんなに種類があるんです

待合室

うつにはいくつかの種類があり、対処法や治療法はそれによって変わってきます。もし体や心に不調を感じた場合には我慢をせず、医師の診断を仰ぎましょう。また、自ら知識を身に着けることで解決策が見えてくるかもしれませんね。