意外と見られている。 あなたの歯は、大丈夫?

正しい歯磨き

歯を磨く女性

歯周病を予防するためには、しっかりと歯磨きにこだわる必要があります。
基本的に、歯磨きは毎日行う習慣的なものですし、つい適当にしてしまっている人も少なくありません。
しかし、毎日しなければならないのには、それなりの理由があるのです。

その1つとして、歯周病を予防するという目的があります。
歯周病は、歯に付着した歯垢(プラーク)によって、引き起こされます。
このプラークは、磨き残しをしてしまうと、細菌が繁殖して温床となってしまいます。
そうならないためにも、正しい歯磨きをしなくてはなりません。

では、どういった方法で歯磨きを行えば良いのでしょうか。まず、歯磨き粉を付けることは当然です。
気をつけるべき点としては、歯ブラシが歯と歯ぐきの隙間に届くように意識して歯を磨くことです。
大きく動かすというよりは、細かく動かして丁寧に歯垢を取り除いていきます。
強く当てすぎてしまうと、かえって歯ぐきを痛めてしまうことに繋がるので、優しく当てるだけでも大丈夫です。
ただ、自分の歯に沿う形で、ブラシの先や端など全体を上手に使って、隅々まで入念にブラッシングしていきましょう。

さらに細かいことを言うと、歯と歯ぐきの隙間には、45°の角度で当てて、振動させるように細かく左右に動かすのが良いです。
もちろん、歯の磨き方だけではなく、歯磨き粉にこだわることも歯周病予防に繋がります。
歯磨き粉の中には、歯周病予防効果が高いものもたくさんあります。
そういった歯磨き粉を使用した上で、上記のような適切な歯磨きを行なっていきましょう。