誰でも発症するリスクがあるうつ病【焦らずに治療に取り組む】

男性
  1. ホーム
  2. 自分を知りましょう

自分を知りましょう

女性

自覚は大切です

うつは今患者がどんどん増えている病気です。ストレスなどにより発症することが多いですがうつになっている本人が無自覚で、悪化してしまうということも多いです。もし家族や友人が気付いた場合はなるべく早期受診ができるよう導いてあげましょう。うつになる人は責任感が強く、真面目な人が多いためなかなか自分が病気だと認められない人もいて、難しいことではあります。しかし悪化してから治療するとなると果てしない時間を要する可能性も高くなります。うつを自覚したのが本人だった場合は一日も早い受診をお勧めします。診断にはまず医療機関の予約が必要になります。精神科、心療内科というところに行きましょう。もし迷った場合は相談機関もあるので連絡をして、病院を紹介してもらうのも一つの手です。予約をしてしまえば当日を待つのみで、特に事前に準備が必要ということはありません。しかし病気の特徴である思考能力の低下などが現れている場合は少し元気な時に自分の症状を紙にまとめておくと安心です。初診の時には診断の一つの材料として問診票の記入があるので少し早く病院に到着する必要があります。最近の自分の状況についてかなり長い質問に答えることになります。そこで辛くなってきてしまう場合は受付の看護師に相談するようにしましょう。うつの診断には本人から口頭で伝えられた情報が必要です。本人が診断に必要なことを話せないような状態であれば家族も付き添っておくと安心です。まず病院にたどり着かなくては診断はしてもらえません。しかしうつという病気は行動力や思考力などを容赦なく奪っていきます。朝普通に起きて、出かけるということすら困難になっている可能性があります。受診日当日に不安に駆られ、結局病院に行けなかったということもなくはないのでできれば家族が付き添えるのがベストです。そこまで病状が悪化する前に診断を受け、症状に添った休息を取れるのが一番です。もし勘違いだったら恥ずかしいなどと考えず、気になった時点で一応受診しておくと安心です。精神科や心療内科も予約なしにはいけないほど毎日患者が増えています。うつなどは環境にも左右されやすいため、気候が変わったなどで突如悪化してしまう可能性もあります。そうなった時に慌てることのないようしっかり自分の体と対話するように心がけましょう。うつの診断にはまず内科的な問題がないのか調べる必要があります。一般的な尿検査や血液検査、血圧の異常がないかなどの検査から始まります。何も問題がない場合は次の段階に進み、本人や家族からの聞き取りを行います。大きな病院の場合はそこに脳波や心電図など訴えている症状に合った検査が追加される場合もあります。