誰でも発症するリスクがあるうつ病【焦らずに治療に取り組む】

男性
  1. ホーム
  2. 専門医の治療が必要

専門医の治療が必要

カウンセリング

チェックシートが便利

うつ病は、誰もがかかる可能性がある病気ですが、自分でかかっていることに気付きにくく、治療が手遅れになりやすい病気の一つです。少しでも日常生活に異変を感じたり、いつもと異なる心情の変化があったりしたときは、心療内科や精神科で専門医の診断を受けることをおすすめします。心療内科や精神科は、あまり立ち入ることが少なく、馴染みがない人が突然診察に訪れることは、大変な勇気を要します。しかし、最近では、ネットのサイトで簡単にうつ病を診断できるチェックシートがあり、項目にチェックを入れるだけで簡易的に診断することができます。もし、「精神的な病気かも」と心配な人は、まずはチェックシートで診断して、うつ病と判断が出た人は、そのチェックシートを持って専門医を訪れると良いでしょう。うつ病は、職場や家庭での過度なストレスや、引越しや部署移動のような、生活環境の変化が原因で発病することが多い病気です。そして、自分では気付きにくい病気であるため、家族など、周囲の人からうつ病を指摘されて、周りに連れられて病院を訪れるケースもよくあります。指摘を受けた人は、「自分は大丈夫」と甘く考えず、周囲の意見を信じて、チェックシートや診察を受けると安心です。また、疲れがとれない人や熟睡できない人、食欲がない人も、何らかのストレスで病気を発症している可能性があるため診察を受けることをおすすめします。何らかのストレスが原因で発症するうつ病は、なかなか病気に気付きにくく、体調不良を感じていても、通院して治療する人が少ない病気です。また、うつ病による体調不良を別の病気と考え、心療内科や精神科へ通わなかったために、なかなか治療が進まないケースもある病気です。うつ病の症状を正しく理解し、病気が疑われる場合は、専門医がいる病院へ通って正しい診断を受けることが大切です。うつ病の症状には、様々なものがありますが、「やる気が起こらない」や「理由もなくだるい」など、倦怠感が表れることが多々あります。症状が進むと、一日中、部屋の中でボーっとしていたり、何も食べずに一点を見つめていたりと、日常生活に支障がでる場合もあります。家族に、そのような症状の人がいる場合は、迷わず心療内科や精神科に連れていき、専門医の診断を受けることが必要です。うつ病を発症すると、睡眠不振や食欲不振に陥ることがあり、極端に疲れたり急激にダイエットしたりしたような変化が見られます。また、慢性的な頭痛や胃腸の不調による腹痛など、一見すると内科で診察を受けるような症状が出る場合もあり注意が必要です。単なる疲れや体調不良と捉えずに、ストレスの原因がないか、家族の死や引越しなど身の回りで環境の変化がなかったかに注意することが大切です。